着物デザイナー・豆千代モダン店主 豆千代のブログです


by mamechiyoweb

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

LINK

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
web shop
新作のご紹介
プレスリリース
イベント
ART・コラボレーション
Diary
未分類

ライフログ






画像一覧

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

着物・和装

以前の記事

2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鰹縞 春のコーディネート その2

新作着物「鰹縞」をつかったコーディネート第2弾です。
e0115399_0154622.jpg

黒に近い濃紺から、ターコイズ、うすい水色のグラデーションは、思いのほか日本人の肌に似合う色です。
このときのモデル(スタッフ)は、いままでブルーをあまり着なかったといっていましたが、新しい発見があったようでした。

濃紺が衿に使われていますので、半襟が良く目立ちます。
無地もすっきりしますが、せっかくなので、柄や刺繍に挑戦してみてください。
今回は刺繍半襟「蝶爛漫」を使いました。色味もお誂えしたかのようにピッタリ似合います。

帯揚げは無地縮緬「たまご色」でソフトな印象に。

帯締めは黒地の帯から引き立つように、ジュエリーライン「白」を選びました。

鰹縞については、「FEATURES」も更新しましたので、ぜひあわせてご覧下さい。
[PR]
by mamechiyoweb | 2009-04-22 00:30 | 新作のご紹介

鰹縞 春のコーディネート

新作着物「鰹縞 茶」を使って、春らしい柔らかなイメージのスタイリングをしてみました。

茶色は昔から「四十八茶百鼠」といわれるほど、バリエーションが豊富で日本人にとっても良く似合う色。

他の色との組み合わせによって、年代も季節も選ばない便利着物です。
春らしいコーディネートには、水色や若草色、ピンクなどとあわせるのがオススメ。

今回はそのなかでもピンク色を使って、大人っぽいお出かけ風にしてみました。
e0115399_054318.jpg

半襟は「ローズデコ 紫」。豪華な刺繍をたっぷりと見せています。
着物との間に、伊達衿風にもう1枚薄いピンク色の半襟を重ねて、襟元をさらに複雑な印象にし、よそ行き度をアップしています。
帯はシンプルに白の無地を選びました。白い帯というのは(汚れやすいので)普段使いにするのに勇気が入るという方もいらっしゃいますが、すっきりと白いものを身につけている方をみかけると、チビた下駄を履かないという江戸っ子の美学に通じるものがあってお洒落上級生だな~と、惚れ惚れとしてしまいます。
帯の前には、サーモンピンクのリボンレースをあしらって、軽やかな可愛らしさを出してみました。

次回は「鰹縞 紺」のスタイリングをご紹介したいと思います。
[PR]
by mamechiyoweb | 2009-04-12 01:13 | 新作のご紹介

ワコール「スゴ衣」 春夏のCM衣装を担当しました。

e0115399_22282842.jpg

昨年冬に引き続き、春夏のシリーズでも、衣装スタイリングを担当させていただきました。

今回は、汗ジミを見せない「スゴ衣」です。
ぜったい汗ジミをつけたくない着物のアンダーにも使えそう。

ポスター・チラシのほか、TVCMでもぜひチェックしてみてくださいね。

ワコール「スゴ衣」オフィシャルサイトはこちらから
[PR]
by mamechiyoweb | 2009-04-08 22:25 | プレスリリース

新作 正絹半襟 蝶爛漫

e0115399_2312151.jpg

やっと出来ました。こってりと豪華な揚羽蝶の半襟。
新作帯「ポピー」との相性も抜群のこの半襟は
ずっと長くアイディアをあたためていた、というか、長年欲しかったものなのです。

着物の図案には蝶々が使われることがよくありますが
たいてい家紋のように図案化されたものが多いので、
ボタニカルアートのようなリアルな表現のものが欲しかったのです。
アンティークでもこういう雰囲気のものは、なかなか無いと思います。

リアルな図案で、日本刺繍の良さを生かす縫いの技法を選び、
ふっくらと艶やかな表情になりました。
アップで、じっくりご覧下さい。 実物はもっと迫力ありますよ。
e0115399_23121584.jpg
e0115399_23122613.jpg

せっかくの豪華な刺繍なので、たっぷり半襟をみせて着付けてくださいね。

コツは半襟のつけ方にあり!
① 半襟を衿芯に縫い付ける。
② 襦袢に縫うときには、襟の内側は、首の後ろだけ縫い付けて広衿風にする。
  (外側はぐるりと全部縫います)
③ 着付けのときに、半分に折らず、1/3程度にしてたっぷり半襟を見せる。

ぜひお試しくださいね。
[PR]
by mamechiyoweb | 2009-04-06 23:12 | 新作のご紹介